人気ブログランキング |

京都デジカメ散歩

タグ:冬・初春 ( 30 ) タグの人気記事

京都東山 花灯路

(2019年3月14日撮影)
c0382798_09152707.jpg
c0382798_09154481.jpg
c0382798_09155601.jpg
c0382798_09161041.jpg
c0382798_09164016.jpg
c0382798_09165342.jpg
c0382798_09171901.jpg
c0382798_09174130.jpg
人って灯りが好きなんですね。
何かほっこりと温かな気分になれます。
ずっとずっと灯りに対する思いが
引き継がれてきたのでしょう。

京都東山花灯路、前回は2005年だから
なんと14年ぶりの再訪です。

女性の着物姿、カップルの仲良し姿を見てると、
おっさんまで幸せ~って
気分になれます(^^)

狐の嫁入りというイベントがあります。
天気雨、怪火などを思い浮かべます。
狐の花嫁が知恩院から高台寺まで
人力車に乗って提灯行列の中を進みます。
私もカメラを手に持って横を歩きました。
混雑する中、静かな狐の花嫁さんを見ていると
何か神様に対するような畏敬の念を感じました。
狐の嫁入りを見ると良いことがあるとのことです。

高台寺で最後の挨拶の時に
「狐の花嫁さんは一般公募しています。
女性なら誰でもOK
年齢上限ありません!
お面を被るので容姿も必要ありません!」
選考基準は何だろうか?
魔法ができるとか
まさかくじ引きか(笑)

伏見稲荷の千本鳥居の下で
狐の嫁入りをやれば、
インスタ映えするのになぁ・・・・
と罰当たりなことを考えてしまいました^_^;



by ballade0001 | 2019-03-16 09:22 | 写真 | Trackback | Comments(8)

東寺 河津桜

(2019年3月12日撮影)
c0382798_07274175.jpg

c0382798_07274882.jpg

c0382798_07275731.jpg

c0382798_07280405.jpg

東寺の五重塔の近くに河津桜が
植えられています。
電車から五重塔を眺めると、
京都に着たなぁ~という感じになります。
高さ54.8mあり、木造五重塔としては
日本一の高さ。
後二週間もすると樹齢120年の不二桜、
またソメイヨシノが咲き乱れてるかも!!

先日から「コーヒーが冷めないうちに」を
読んでいます。
喫茶店のある席に座り、コーヒーが冷めない間
過去に行け、ある人と会えるという物語。
誰でも会いたい人はいますよね。





by ballade0001 | 2019-03-13 07:34 | 写真 | Trackback | Comments(4)

長岡天神 梅

(2019年2月26日撮影)
c0382798_07362145.jpg
c0382798_07363203.jpg
c0382798_07370110.jpg
c0382798_07371836.jpg
長岡京市にある長岡天神です。
昨日、行ってきました。
北野天満宮の梅花祭は
毎年2月25日なのですが、
ここの梅花祭は3月中下旬で、
毎年開催日が違います。
なんで菅原道真の命日でないのか、
ちょっと気になります。
今年は3月23日との事です。
例年花の開花も早くなっていくような
感じもするし、
梅の花、まだ咲いているんだろうか?

この前、村山早紀の「百貨の魔法」を
読み終わりました。
心がほんわかするような小説でした。
村上春樹の「ノルウェイの森」を
読み始めました。
もう何度目か???・・・
あらすじはともかく、
詳細はいつも忘れちゃってる感じ^_^;
そうでなければ読む必要ないものね。


by ballade0001 | 2019-02-27 07:39 | 写真 | Trackback | Comments(8)

梅宮大社 梅

(2019年2月21日撮影)
c0382798_18545998.jpg
c0382798_18550745.jpg
c0382798_18551992.jpg
c0382798_18553045.jpg
c0382798_18560740.jpg
c0382798_18562645.jpg
梅宮大社といえば、まず思い浮かぶのが
猫さんです。
最近では猫神社として有名らしい(=^・^=)
社務所前の賽銭箱の上に、今日もくつろいでいました。
邪魔にならないように撮らせてもらいました。

大きな池のある、立派な神苑があります。
神社名にも使われている梅をはじめ、
桜・花菖蒲・紫陽花なども楽しめます。

実は花菖蒲・紫陽花の時期は
何回か訪れたことがありますが、
梅の時期は初めてでした^_^;


by ballade0001 | 2019-02-21 18:58 | 写真 | Trackback | Comments(4)

北野天満宮 梅

(2019年2月13日撮影)
c0382798_15293766.jpg

c0382798_15295188.jpg
c0382798_15300619.jpg
c0382798_15302827.jpg
c0382798_15304145.jpg
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」
梅の花が見れるのも天神さんのおかげです(^^)

北野天満宮に行ってみました。
全国12000社の天満宮、天神社の総本社です。

2月25日の梅花祭には
上七軒の舞妓さん・芸妓さんによる野点が行われます。
今年は2000円!!・・・^_^;

ま~今年は梅観賞だけにしておこう。
迫ってくるような梅の花!
妖艶な力強さを感じます。
桜花とは一味違う美しさがあります(^^)

確定申告、人間ドック助成金申請も終わったし、
一休みの2月中旬です。
後は桜を待つだけ!!

村山早紀の「百貨の魔法」という
小説を読んでいます。

穏やかに一日が過ぎていきます。
こんな生活で良いんだろうか?
うんうん良いんです!良いんです!


by ballade0001 | 2019-02-13 15:33 | 写真 | Trackback | Comments(6)

法善寺 水掛不動

(2019年2月8日撮影)
c0382798_23242809.jpg
c0382798_23244469.jpg
c0382798_23250074.jpg
c0382798_23251233.jpg
庖丁一本 晒(さらし)にまいて
旅へ出るのも 板場の修業
待ってて こいさん♪

昭和35年(1960年)の「月の法善寺横丁」という歌
私が5歳の時のヒット曲です。
「包丁一本♪」が歌えるってことは、
相当ヒットした歌なのかなぁ。

昨日は会社OB幹事会の新年会。
大阪千日前に行ってきました。
千日前には4年間通勤していたのですが、
法善寺は初めてでした^_^;

この水掛不動、苔だらけで
原型がどんなだったか想像できません。
原型知ってる方がおられたら、
聞いてみたい(笑)

夜の方が情緒があって良かったかなぁ。
「庖丁一本 晒(さらし)にまいて♪」


by ballade0001 | 2019-02-09 07:38 | 写真 | Trackback | Comments(6)

宝寺 節分祭

(2019年2月3日撮影)
c0382798_15225910.jpg
c0382798_15231896.jpg
c0382798_15233452.jpg
c0382798_20544913.jpg
c0382798_15235717.jpg
宝寺は天王山中腹にあります。
山崎の合戦の時に、秀吉が本陣をおいた場所です。
勝利を記念してわずか一晩で建立したという
伝説が残る三重塔(一夜之塔)などがあります。

また聖武天皇が夢で竜神から授けられたという
打出と小槌が祀られています。
一寸法師などで「打出の小槌」と覚えられていますが、
打出と小槌は別々の物だそうです。
正解は「打出と小槌」(^^)

ここの節分祭は住職、山伏、鬼、お稚児さん、七福神の
行列で始まります。
法要の後、鬼は改心して退散します。
その後、七福神とお稚児さんが豆をまきます。
掛け声は「福は内」だけ。

普段は静かなお寺ですが、この日ばかりは
雨の中大勢の人出です。


by ballade0001 | 2019-02-06 15:27 | 写真 | Trackback | Comments(4)

八坂神社 節分祭

(2019年2月2日撮影)
c0382798_11171863.jpg
c0382798_11181188.jpg
c0382798_07424655.jpg

八坂神社の節分祭が
2月2・3日に行われました。
2日に行ってきました。

芸妓・舞妓さんによる舞踊奉納、
雅楽会による舞楽(ぶがく)奉納
が行われます。
芸妓・舞妓さんによる豆まき。
境内いっぱいの人・人・人。

舞台の前には近づけない
くらいの人です。
望遠レンズは持っていかなかったので
舞踊奉納の写真だけちょっと
トリミングをしました。
年々人が多くなり、
撮影も難しくなってきました^_^;

(2005年2月3日撮影)
c0382798_11185710.jpg
c0382798_11194914.jpg
c0382798_11191902.jpg
2005年に撮った節分祭の写真があります。
どう見てもこちらの方がいきいき撮れてる。
あのころは、撮るぞ~って高揚して
ファインダーを覗いてた。
いまはその高揚感がなくなってきたような^_^;

歳とともに人間の興味は
動物→人間→植物→鉱物
に変わっていくとの説があります。
今は植物かなぁ。
後何年か経つと石を撮ってたりして(笑)

今朝、朝一で確定申告提出してきました。
昨年は説明相談会を受けたため、
待ち時間が多く半日以上。
今年は提出だけだったので
5分で終わりました(^^)
サラリーマン時代は全部会社が
やってくれていたけど、
退職後は自分で
控除!控除!で~す。





by ballade0001 | 2019-02-04 07:37 | 写真 | Trackback | Comments(4)

南禅寺 雪景色

(2019年1月27日撮影)
c0382798_18265476.jpg
c0382798_18270880.jpg
c0382798_18275434.jpg
c0382798_18281939.jpg
南禅寺の雪景色です。
やっぱり三門に登って眺めなくては!!

見事な三門です。
一番好きな門!!
「絶景かな、絶景かな」
歌舞伎で石川五右衛門が、
三門から桜を見て言った言葉。
桜はもちろんのこと、紅葉、雪景色と
この三門からの眺めは絶景です。

山門と三門の違いですが・・・
ネットでみてみると、
●「山門」というのはお寺にある門すべてを指します。
●「三門」というのは本山級の禅宗寺院に見られる
  巨大な門のことで、「三」は「空」「無相」「無作」
  という悟りに至る三つの境地のことを指します。
「空」・・・・「こだわらない」
   「無相」・・「比べない(比較対象しない)」
   「無作」・・・・「煩悩に捉われない」

こだわらない・比べない・捉われない・・・(^^)

今、村山早紀の「星をつなぐ手」という小説を
読んでいます。
「桜風堂ものがたり」の続編で
本屋さんの店員の物語です。
登場人物はみな温かい人(^^)
最近、街中の本屋さん減りましたよね。
本はネットで便利に買えるのだけど、
何か寂しい感じもします。




by ballade0001 | 2019-01-31 21:03 | 写真 | Trackback | Comments(10)

法然院 雪景色

(2019年1月27日撮影)
c0382798_17401213.jpg
c0382798_17404353.jpg
c0382798_17412009.jpg
c0382798_17413658.jpg
1/27の朝起きると、薄っすらと雪景色。
電車に飛び乗り、法然院・安楽寺・南禅寺に行ってきました。

法然院の山門の向こうに広がる雪景色。
異次元に入って行くかのようです。
過去が待ってるのか、未来が待ってるのか?
まるでドラえもんのどこでもドアみたい(笑)

退職してから2年経ちます。
午前・午後の散歩。
身体にも良いし、精神面でも良いみたいです。

ほんわかした小説を読むこと。
穏やかな気持ちになれます。

「本屋大賞」の受賞・ノミネート作品が
一つの目安になっています。

夜のピクニック
対岸の彼女
さくら
神様のカルテ
神去なあなあ日常
舟を編む
昨日のカレー、明日のパン
羊と鋼の森
蜂蜜と遠雷
桜風堂ものがたり
百貨の魔法
・・・・・・・・・・・

定年後の一日が穏やかに過ぎて行きます(^^)


by ballade0001 | 2019-01-29 06:35 | 写真 | Trackback | Comments(10)