人気ブログランキング |

京都デジカメ散歩

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大山崎山荘 新緑・紫陽花

(2018年6月27日撮影)

c0382798_16170392.jpg
c0382798_16171858.jpg
c0382798_16173490.jpg
c0382798_16175218.jpg

何も撮るものが無くなった時には、大山崎山荘を訪れます。
いつ訪れても、何か撮るものがあります。

昭和初期に実業家加賀正太郎によって、木津川・宇治川・桂川の三川が合流し、
淀川となる景色を見ることができる天王山の山腹に建てられました。

バブル末期に建設業者が買収し、一帯を更地としマンション建設の計画がありました。
地元住民の反対が大山崎町・京都府を動かし、
アサヒビールの協力で保存されることになりました。

マンションにならなくて良かった(*^_^*)
と言っても自分は近くのマンションに住んでるだけど・・・^^;

61歳で退職してから1年半が経ちました。
時々聞く会社の話では、私と同じくらいの歳で辞めた方、
65歳になってもまだまだ現役の方、
人それぞれみたいです。

内館牧子の「終わった人」のあった言葉を思い出します。
「散る桜残る桜も散る桜」
サラリーマンを辞めても、時々の連絡はサラリーマン時代の友達。
OB会なんてものもあるし、
サラリーマンは終わった後もなかなか難しいなぁ。

続きはスライドショーでどうぞ(Clickして下さい)
2005年 スライドショーでどうぞ(Clickして下さい)


by ballade0001 | 2018-06-27 16:27 | 写真 | Trackback | Comments(4)

柳谷観音 紫陽花

(2018年6月14日撮影)

c0382798_05083992.jpg
c0382798_05100190.jpg
c0382798_05110727.jpg
c0382798_05120050.jpg
c0382798_05130006.jpg

柳谷観音は長岡京市の山奥にあります。
眼に霊験あらたかな独鈷水(おこうずい)あることで有名なお寺です。
ここに咲く青紫の紫陽花の色、神秘的な感じがします。
山奥にあるため観賞する人は例年少ないのですが、
今年は今までより多い感じがしました。
今年から入山料200円! 紫陽花の寺として知られてきてるみたいです。

先日、住民税を払いました。
昨年の収入は老齢厚生年金と個人年金だけだったので、
昨年の住民税の1/70 !(^^)!
健康保険料も1/4程度になったし、退職1年で落ち着きました。
日本って老人に優しい国?
(現役世代から多く取り過ぎな国とも考えられるかなぁ^_^;)

断捨離の一歩は、写真をデジタル化してアルバムを捨てること!
新聞に載ってました。
やってみようということで、連日スキャナーしています。
これがなかなか大変。
古い写真はいつ撮ったかわからず、どこで撮ったのかも曖昧。
それにアルバムから剥がすのも大変。
苦労してやってますが、はたして断捨離になるのか疑問?
前にビデオをブルーレイに移したんだけど、いまだにそのビデオ持ってるし(笑)

続きはスライドショーでどうぞ(Clickして下さい)


by ballade0001 | 2018-06-15 05:18 | 写真 | Trackback | Comments(5)

藤森神社 紫陽花

(2010年6月19日撮影)

c0382798_11484903.jpg

(2011年6月19日撮影)

c0382798_11501032.jpg

(2012年6月17日撮影)

c0382798_11522017.jpg

(2013年6月16日撮影)

c0382798_11534062.jpg

京都で紫陽花が有名なお寺といえば、ここ藤森神社と三室戸寺です。
馬と勝負事の神社としても知られています。
5年くらい前までは梅雨になるとよく行ったものです。

荻原浩著作の「砂の王国」という本を借りて読みました。
ホームレスが新興宗教を作る物語でした。
どちらかと言うと軽い感じ。

新興宗教の小説というと、今から40年ほど前に
高橋和巳著作の「邪宗門」を読みました。
こちらは重厚な感じの物語でした。
今でも新興宗教にはあまり良いイメージを持っていません。
でもそれを読んでいろいろ考えさせられました。
もう一度読んでみようかと思い、本棚を探すとありました。
細かい字がめいっぱい・・・・こりゃとても無理(^_^;)
やっぱり年取ったら軽いものが良いかも。

2010年(Clickして下さい)
2011年(Clickして下さい)
2012年(Clickして下さい)
2013年-1(Clickして下さい)
2013年-2(Clickして下さい)


by ballade0001 | 2018-06-05 12:00 | 写真 | Trackback | Comments(2)