京都デジカメ散歩

山崎駅

(2014年9月14日撮影)

c0382798_21542147.jpg
c0382798_21544464.jpg

記録的な暑い日が続いています。
写真撮影もちょっとお休みで~す。

朝の散歩の時、JR山崎駅の前を通ります。
通勤時もずっとこの駅を利用してました。

東海道本線にあるにしては、田舎の小さな駅です。
歴史は古く明治9年に開業しています。
昭和2年に現在の駅舎が竣工し、現在に至っています。
駅舎は京都府大山崎町ですが、ホームの中で大阪府島本町と
分かれており、府境となっています。

この駅も変わりそうもないなぁ~
隣のデイリーヤマザキが開業したのはいつだったかなぁ?
赤と黄色の派手な看板^_^;
このデザイン、駅舎と合うように地味にできないものかな。

図書館で借りたのが、恩田陸の「蜜蜂と遠雷」
クラッシックの知識はほとんどないけど、面白く読んでます。
「夜のピクニック」も心に残ってるし、
目が離せない作家かも知れません。

前に読んだ村上春樹の「騎士団長殺し」
村上春樹は相変わらず面白いと感じていたのですが、
もう彼の小説は読まないとの意見もありました。

小説が出版された瞬間に、
作家側から読者側になってしまうから難しい。
君の側から君は正しい、僕の側から僕は正しい(笑)


[PR]
by ballade0001 | 2018-07-31 21:59 | 写真 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ballade0001.exblog.jp/tb/29663567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tokotoko_1219 at 2018-08-01 05:37
屋根のデザインが印象的ですね。昭和2年
私の母の生まれ年です。
テイリーヤマザキの赤、黄の色は、ジャマです。
Commented by ballade0001 at 2018-08-01 10:09
> tokotoko_1219さん
おはようございます(^^♪
今朝、散歩7時に行ってきました。
今日も朝から暑いで~す^_^;

古くて小さな駅です。
でもさすがに大動脈 東海道本線の駅
JR鉄道駅古い駅ランキング17位
1876年8月(明治9年)

ちなみに1位は
品川駅・桜木町駅 1872年6月
(明治5年)

京都仕様のスタバもありましたっけ?
そんなデイリーヤマザキがあっても良いですね。
Commented by fleunn at 2018-08-01 21:23
こんばんは(*^^*)
夜のピクニック 水戸の高校 行事 『歩く会』が
モデルなんですよね(*^^*)

暑い日が続きます どうか お気をつけて(*^^*)
Commented by ballade0001 at 2018-08-02 09:41
> fleunnさん
おはようございます(^^♪
恩田陸本人も参加してたみたいですね。
その高校の出身者だったのかも(^^)
異母兄妹の物語りということだったので、
最初はどうなることかと思いましたが、
途中から仲良くなれ仲良くなれ!と
祈るおっさんがいました(笑)

「蜜蜂と遠雷」、もう読みましたか?
良い感じの物語ですよ(*^_^*)
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-08-05 06:51
レトロっぽいのではなくて、ほんとのレトロですね、さりげなく。
世界遺産の平泉へ行ったら、どのコンビニも茶色っぽかったです。
京都や奈良でも、コンビニ地味仕様ありますね。
でも、茶色っぽくしても、やはりコンビニはコンビニかなぁ…
普通の古い商店だったら、見心地良いでしょうけれど、
コンビニの方が便利ですものね。

小説でも、歌でも、たくさんの葛藤を抱え、
それに比例する情熱を持って書いた物は、心を動かす熱があるのかも。
そして、そのような葛藤と情熱は、やはり、若い時こそ…という面ありますね。
しかし、書き手が熱を失ったのではなくて、
読み手の心が、年と共に、動きにくくなっている…という場合もありますよね~^^;
Commented by ballade0001 at 2018-08-05 13:30
> chiwari-yuki-y2さん
こんにちは(^^♪
今日も暑いで~す。
今朝もこの駅の前7時ぐらいに散歩で通りました。

今になって考えると確かに若いころって、悩みも多いけど喜びも多く感受性豊かだったかなぁ。
年取ると、なにかほのぼの♪って感じの読み物、音楽が好きになってきました。
村上春樹の主人公には何か自分を投影できる感じがします。
ま~ 全然違う人間なんだけれど(笑)
憧れみたいな、若いときの夢みたいな・・・
年取って熱いままの人もいますが、自分はゆっくり行きたいかな(^^)