京都デジカメ散歩

山崎聖天 桜

(2018年3月29日撮影)

c0382798_08471529.jpg
c0382798_08420292.jpg
c0382798_08423827.jpg
c0382798_08431003.jpg

山崎聖天は京都府大山崎町にあります。
紅葉・桜の時期、近くの大山崎山荘は多くの人出が
あるのですが、ここ山崎聖天は静かです。
ここの枝垂桜はお気に入り(*^_^*)
毎年、静かに楽しませてもらってます。
この静けさ、いつまでも続きますように!!

続きはスライドショーでどうぞ(Clickして下さい)



[PR]
by ballade0001 | 2018-04-06 08:47 | 写真 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ballade0001.exblog.jp/tb/29416555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fleunn at 2018-04-06 20:56
この 零れおちるような取り方 好きです( *´艸)
やっぱり うもれたくなっちゃう( *´艸)
静けさに癒されますね(*^^*)
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-04-07 05:40
空から舞い降りる天女みたい…^^
レリーフも天女さまっぽいですね。
ずいぶん大きく見えるけど、燈籠でしょうか。
こんなきれいな桜景色を、静かに楽しめるっていいな~
↓の東寺、桜の季節に行ったはずなのですが、
ほとんど憶えていなくて…こんなにきれいだったんですね。
こちらは、貫禄のある賑やかさ…という感じでしょうか^^
都は、桜の表情も多種多様ですね。
それぞれが、しっかり自己主張して、美しさを競っていますね。
Commented by ballade0001 at 2018-04-07 08:40
> fleunnさん
おはようございます(^^♪
この枝垂れ桜はお気に入りで、毎年見にきています。
本当に静かなお寺で、思いっきり写真が撮れます。
毎年同じような写真ですが、それでもいいじゃんって感じ(笑)
いつまでもこのままで、いてほしいお寺です(*^_^*)
Commented by ballade0001 at 2018-04-07 08:48
> chiwari-yuki-y2さん
この灯籠、元禄十年(1697年)に豪商住友家が奉納した大燈籠との事。
400年以上たつのに、いま見ても素敵ですよね。
この静けさ、いつまでも続いてほしいものです。

東寺の桜も素敵でした。
貫禄ある・・・・まさにそんな感じ!!
東寺もそうでしたが、京都市内はいま外国人が多いです。
確かに観光立国日本はわかるのですが、
過剰すぎると情緒は失われますよね。
これも時代の流れの中でしょうがないのかな。