京都デジカメ散歩

天王山

c0382798_18153214.jpg
c0382798_18160423.jpg

(2018年2月5日撮影)

c0382798_18174765.jpg
c0382798_18180459.jpg
c0382798_18182285.jpg
c0382798_18184236.jpg

10年ぶりに天王山に登ってみました。
「天下分け目の天王山」という言葉は誰でも知ってますよね。

JR山崎駅から山頂まで40分ぐらいの道のりです。
大山崎山荘→青木葉谷広場→旗立松(酒解神社鳥居)
→酒解神社→山頂

途中出会った人は3人、観光地ではありません。
遊歩道は整備されているのですが、ここぞ!という場所が見つかりません。
10年前とぜんぜん変わってません。
ここ大山崎町も島本町とおなじく、あまり開発されるのはイヤなのかも。
大阪と京都の中間、大山崎町と島本町は永遠の田舎です(*^_^*)

頂上に狭い広場があります。
山崎の合戦後、大阪城を築くまで秀吉が拠点とした城が
あったいうことであるが・・・・
大阪城の面影を見つけることはできません。
今は石垣をみつけることも難しい。
井戸も雨水を貯める井戸というより水溜だし、本当に天下人の秀吉がいたのか?
疑ってしまった^^;


[PR]
by ballade0001 | 2018-02-25 18:21 | 写真 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ballade0001.exblog.jp/tb/29335068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-02-27 01:54
歴史を左右するできごとがあった場所…
実際には、案外地味なことが多いのかもしれないですね。
観光地にしようとすると、あれこれ整備したり、
ちょっとだけ残った昔の名残を保存したり、
それらしきものを付け足したり…
そういうものを取っ払ってしまい、お城の跡がなければ、
山は山でしかないですものね。
小説なら、ごく平凡なその場所に立ち、
「この場所へ秀吉は過去の自分を捨てて行ったのである」などと書けそう(笑)
「ここには、金の茶室も茶釜もない。ただ、木々が風に揺れている」なんて(笑)
Commented by ballade0001 at 2018-02-27 22:05
> chiwari-yuki-y2さん
こんばんは(^^♪
小説 才能有り!・・・・良い感じですね(^.^)

そうですね。観光地にするなら整備しなければならないですものね。
ゴミも増えるだろうし、トイレもいるし・・・・
やっぱり自然のままが良いかな~

もう一つの天下分け目、関が原も観光地になってるって聞きません。
昔に思いをはせるだけで良いのかもしれません。